新築物件

トップページ > リフォーム一覧 > H邸

集う家

H邸

お施主様は40年間住んだ家をとても気にいっておられました。建て替える家も住まい方はそのままにしたいというご希望でした。間取りはあまり変えず、+αとしてより便利に快適に過ごして頂けるようにご提案をしながら、お施主様と家造りをしていきました。
家を解体させて頂いた日が東北大震災の3月11日で、お施主様には色々とご心配をおかけした事もあり、設計・施工業者としても忘れられない1軒となりました。無事お引き渡しできた時に、この家で長生きするよと御主人から言われた時は心に熱いものを感じました。半年以上お打ち合わせをしてきてご夫婦の人柄に触れ、丁寧に家造りをすすめてきました。これからの人生をこの家で幸せに過ごしてもらいたいという気持ちを込めた家です。

オ―プンな住まい方がお好みのご夫婦、家中に風が通りぬける様に考えました。
階段室には、1階の空気が抜ける様に採光も兼ねて、高い位置に通風窓を設けました

リビングに設けた4.5畳の畳。ソファーを置かない座の生活をされるので、掘り込み畳を計画しました。ゴロッとして、くつろげるリビングになりました。

水廻の扉は、全て引戸にして狭い空間をすっきりと1カ所にまとめました。取り出しやすいオープン収納、洗濯機の上部に吊戸棚と雑多な物がしっかり納まるようにしました。

家の中心にある1.5間の廊下は、出入りが多いので巾を少し広めにしています。
細長い廊下収納扉はホワイトを選び圧迫感が無いようにしました。

このページのトップへ