リフォーム

トップページ > リフォーム一覧 > M邸改装工事

『古民家再生 −その土地の文化を大切にして暮したい』

M邸改装工事

建具、床板など使えるものはできるだけ再利用して、丁寧に改修をしました。古い民家を大切に使いたいというお施主様に満足して頂ける家に仕上がりました。


柱、窓廻りなど木部はベンガラ色でした。


木部のベンガラ色は塗替え、壁は白の漆喰にしました。落ち着いた外観になりました。


吹抜けの土間の一部に部屋を造り、玄関にしていました。


天井をとり、吹抜けの状態に戻しました。吹抜け部分は暗かったので、明かり取りにFIX窓をつけました。


室内の建具、柱等もベンガラ色でした。


ニ間続きのハレの間は板戸を襖に替え落ち着いた雰囲気にしました。濡れ縁は縁側にしました。


2階の部屋は壁だけで仕切りをして部屋にしていました。


登り梁をみせて、勾配天井に仕上げました。梁は落ち着いた色に塗装しました。

このページのトップへ